アトピーでも結婚できた汚肌の女|妻の裸を見たことがない夫の気持ち

コンプレックス
スポンサーリンク
※本ページは、プロモーションが含まれる場合があります。
※本ページは、プロモーションが含まれる場合があります。
アトピー女性
アトピー女性

アトピー女性の結婚について知りたい…!

そんな女性に読んでもらいたいです。

いろまる
いろまる

婚活して結婚したアトピーの私の話です

汚い肌がコンプレックス

私はアトピー体質です。肌が弱いため、すぐに肌荒れするし、掻いて刺激を受けた箇所は黒ずんで、元の肌に戻るまでかなり時間がかかります。

箇所によっては一生治らないようなところもあり、美肌なんて、夢のまた夢。せめて「普通の肌になりたい」と願うばかりでした

アトピーの人が恋愛や結婚を考えるとき、必ず

アトピー女性
アトピー女性

こんな肌じゃ恋愛や結婚なんて絶対無理!

と思うでしょう。私も、ずっとそう思って、男性と関わることを極力避けていました。

「アトピーは遺伝する」とも言うので、万が一結婚できたとしても「子どもは望めない」と考えていました。

いろまる
いろまる

でも、結婚願望はどうしても打ち消せませんでした

婚活で襲ってくる不安

できるだけ肌の露出をおさえた服を着て、婚活を行いました。幸い、肌の調子によっては、服さえ着ていればアトピーとはわからない時もありました。

ただ、汚い肌を抜きにしても、私はブスだったので、当然のように最初は婚活がうまくいきませんでした

でも、婚活方法を見直し、短期集中で励んだ結果、一人の男性に「結婚したいと思っている」と言ってもらえました。

★婚活体験談|結婚相談所で出会った夫

嬉しかった半面、結婚がリアルになると、

・裸をいつ見せるべきか
・一番ひどい箇所を見たら相手の気持ちが冷めてしまうのではないか
・遺伝について知ったらどう思うのか

不安でたまらなくなりました。

相手には、交際前から「アトピーである」とは伝えていたものの、すべての肌を見せたわけではなかったので、承知済みとはいえ、

いろまる
いろまる

イメージと実際の印象は違うよね…

と落ち込みました。

結婚相手にはすべてを見せるべき?

私は、ずっと「自分の肌を全部見せられる人」「裸の私を見た上で受け入れてくれる人」でなければ結婚できないと思っていました

「結婚相手には自分のすべてを知ってもらうことが正しく、結婚までの唯一の道である」と信じて疑わなかったのです。だから、

いろまる
いろまる

最低でも結婚前には裸を見せなきゃ…!

と一人で焦っていました。

でも実際は、「見せたくない」という私の気持ちを尊重してくれる人であれば、結婚はできるのです

私は、自分の思い込み・マイルールによって、長年勝手にもがき苦しんでいただけでした。

知らないことがあっても夫婦になれる

それに気づかせてくれたのは、相手の男性でした。今の夫です。

夫

見せたくないなら、見せなくていいよ。夜なら電気を消せば暗くて見えないでしょ

と言われた瞬間、今までの自分の思い込みが一気に崩れました

いろまる
いろまる

そうか…別に全部見せないと結婚しちゃいけないわけじゃないんだ!

「本当にそれでいいのかな」「普通じゃないよね…」という思いもありましたが、夫と過ごしているうちに、

・皆の「普通」に合わせなくてもいいこと
・お互いが納得していれば夫婦として成立すること

がわかってきて、ついに私は裸を見せないまま結婚しました

双方の思い

本音を言えば、夫は見たかったそうですが、それは好奇心とか、「見せてもらえない=信頼されていない」とか、そういった類の心理ではなく、

夫

好きな人の裸が見たくない男なんていないでしょ

という男心だったようです。

実際、ブスな私と結婚したいと言ってくれた夫が「汚い肌を見たからといって気持ちが変わるような人」であるはずがありません

本当は、私もそんなことは十分にわかっていて、「相手の気持ちが冷めるかも~」なんていうのはただの言い訳でした。

いろまる
いろまる

相手云々ではなく、単純に裸を見せるのがたまらなく嫌だったんですね

夫は、そんな私のわがままを文句一つ言わずに受け入れてくれました。責めるでもなく、説得するでもなく、私の気持ちを優先させてくれたのです

裸を見せたくない理由

とはいえ、夫は結婚後もずっと「できれば見たい」という思いを持ち続けています。

私も私で、結婚して何年かすれば、「裸を見せることに抵抗がなくなるかも」と思っていたのですが、新婚から現在まで「見せたくない」気持ちは一貫して変わりません

いろまる
いろまる

なんでなんだろう…?

自分のことなのに、自分でもはっきりとした理由がよくわかりませんでしたが、最近やっとわかった気がします。

私は、「夫にずっと女として見られたい」のだと

汚い肌が原因で夫が私を嫌いになることは、絶対にありません。でも、本人の気持ちとは無関係に、本能的に萎えてしまうことはあるのではないかと思うのです。

いろまる
いろまる

だから、イチかバチかでも見せたくないのか!!

と考えると、腑に落ちました。長年経ってわかったことです。

夫の興味が薄れないワケ

夫に我慢させていること自体は、申し訳なく思っています。

でも、結婚して何年も経つのに、夫がいまだに私の「裸を見たい」と思ってくれているというのは、言い換えれば「私に対する興味を失っていない」ということです

この事実を私は

いろまる
いろまる

裸を見せないことによって、夫に女として見続けてもらえている?

と、自分の都合のいいように解釈しています。

この先も、私は夫に裸を見せるつもりはありません。でも、もしかしたら見せられるようになる日が来るかもしれません。

人生に絶対はないので、未来はわかりません。夫は、

夫

いつか見れる可能性があるなら、それでいいかな~

と言っています。心が広くて救われます。

最後に

アトピーや肌にコンプレックスがある女性は、きっとたくさんいるでしょう。なおかつ、結婚願望がある女性も多いと思います。

「リアルではなかなか人に話づらいことだからこそ、ネットで答えを探す人がいる」そう思って、私の体験を書きました。

アトピーの私は、一度も夫に裸を見せたことがないけれど、3人の子どもにも恵まれ、幸せな毎日を送っています。

私の経験を通して、私と同じように肌の悩みを抱えている女性の心が少しでも軽くなれば嬉しいです

いろまる
いろまる

皆さんが幸せになりますように

↓よかったら、結婚後に出会った化粧水の話も読んでみてくださいね

コメント