人生が変わる?身体に優しい少食習慣|少食で健康と幸福を手に入れる

健康・生活
スポンサーリンク
※本ページは、プロモーションが含まれる場合があります。
※本ページは、プロモーションが含まれる場合があります。

近年、「少食」は健康増進や長寿につながるとの研究結果もあり、多くの人の注目を集めています。

そんな「少食」について、

読者
読者

興味はあるけど、実際どうなの?

という人に読んでもらいたいです。

少食の定義と健康への影響

「少食」とは、文字通り「少ない量の食事」のことですが、単に「食事の量を減らす」だけではありません。

必要な栄養素は摂取しつつ、食べ過ぎない食事のスタイルが「少食」です

この食事法は、健康に多くのメリットをもたらします。

・体重コントロール
・肥満予防
・消化器官への負担軽減
・血糖値の安定
・糖尿病リスクを減らす

「食べ過ぎ」は、高血圧、脂質異常症、心筋梗塞、脳梗塞、ガンなどの病気のもとになると言われています。

だから、逆に「少食」を習慣にすれば、このような病気になることなく、健康的な生活が送れるというわけです

少食の実践方法とコツ

少食は、一時的でも効果はありますが、長期的な健康を望むなら「習慣」にする必要があります。

人は、慣れるまでに3週間、習慣になるまで3か月はかかるので、計画的に行わなければ「少食人間」にはなれません

手始めに

・ゆっくり噛んで食べる
・食事の間隔を少しずつ延ばす
・満腹まで食べるのをやめる
・食べ物の質を向上させる

などの方法を試してみましょう。

そして、我慢しすぎず、無理のない範囲で「これなら継続できる」というやり方を見つけていくのです。

いろまる
いろまる

自分に合う方法を探してみましょう

少食の派生効果

少食は、体内の炎症を軽減し、免疫力を向上させる助けにもなるので、大病はもちろん、風邪もひきにくくなります。

風邪をひいた時に「断食」で早く回復するので、少食が風邪予防になることは明白です

★「断食で風邪が治る」は本当?

また、短い睡眠時間でスッキリ目覚められるようになります。

睡眠は内臓の疲れを取るために必要なので、少食にして内臓の負担を減らせば、短い睡眠でも足りるのです。

そう考えると、少食が定着すれば「人より長い時間を元気に過ごせる」ことになります

時間は、誰しも平等に1日24時間ありますが、「病気にならない」「寝ている時間が短い」と活動時間は増えます。

いろまる
いろまる

1日28時間くらいになった気分です

あまり消化にエネルギーを使わない分、日中の集中力も高まるし、まさに「イイコトづくめ」なのです。

少食が流行しない理由

でも、

読者
読者

だったら何で少食は流行らないの?

と思いませんか。

こんなにイイコトづくめな「少食」なのに、実際に習慣化している人は少ないのが現実です。

少食に興味を持ち、その効果を実感しながらも、それだけで終わる人もたくさんいます。

その原因は、メディアによる「情報操作」で、個人の支出が減らないように、大々的に「少食」を推さないようにしているのです

少食になると、あまり食べないから食料品を買わなくなります。

外食もしなければ、病気にもならないので薬も買わないし、病院へも行かなくなるでしょう。

皆がそんなふうになってしまったら、食品業者・飲食店・医療関係従事者は大変です。

いろまる
いろまる

全然もうかりません!!

だから、「少食はすばらしい」という事実を遠ざけ、美味しそうな食べ物の写真や映像を全面的に押し出すのです。

「食欲」は人間の三大欲求なので、少し刺激すれば、大抵の人は欲に負けると知っているからです

少食を継続させる方法

ただ、「食べない」ことによって様々な変化を体感した人は「このまま食べ続けていてはいけない」と気づきます。

「少食が定着するかどうか」は、最終的には本人次第ですが、目標を設定することでモチベーションを維持することは可能です

例えば、

・仕事の繁忙期 → 少食で短時間睡眠 → 仕事のパフォーマンスを上げる
・発表会 → 絶対に風邪を引けない → 少食で免疫力アップ

こんな感じで少食を繰り返していけば、意外にすんなりと達成できたりします。

人は、必要に迫られた時であれば「食欲に打ち勝つ」こと可能なのです

そうやって自分に有益になるように「少食」を生活に取り入れていきましょう。

まとめ~少食で健康になろう~

「少食」は、健康への道を切り開く鍵となります。

誰でも始められる健康習慣で、充実した毎日を手に入れましょう。

いろまる
いろまる

皆さんの健康と幸福をお祈りします

コメント