【一生独身女】生涯未婚を貫くために覚悟すべき2つの壁|年代別に解説

恋愛・結婚
スポンサーリンク
※本ページは、プロモーションが含まれる場合があります。
※本ページは、プロモーションが含まれる場合があります。
未婚女性
未婚女性

このまま一生独身だったら、どうなるんだろう…

という不安がある人向けに、

女性が一生独身だった場合の本人の気持ちや周囲の様子

を解説します。

いろまる
いろまる

意図的にしろ、偶発的にしろ、一生独身の人生になりそうな女性の参考になればと思います

生涯未婚率は年々上昇

昨今、生涯未婚率は男女とも年々上昇しています。現在は女性より男性のほうがその率は高いですが、今後はどうなるかわかりません。

世の中に独身女性はたくさんいますが、それが

・死別
・離婚
・未婚

上記のどれによるものかによって、周囲が受ける印象は変わります。

それに伴い、生涯未婚を貫く女性には「乗り越えなければならない2つの壁」が存在します

いろまる
いろまる

順番に説明しますね

第1の壁:30歳前後

アラサーになると、周りで結婚ラッシュが起こります。

結婚式の招待状が立て続けに届いたり、SNSでの結婚報告を頻繁に目にするようになると、自分の結婚を意識せずにはいられないでしょう

親戚や親しい友人が結婚したりすると、「あなたはまだなの?」と結婚を催促してくる親もいます。

この時期が『第1の壁』です。

彼氏がいれば、少しは気も紛れますが、彼氏がいなければ、慌てて出会いの場に行ったり、婚活を始めてみたり…

いろまる
いろまる

とても穏やかではいられません

たとえ「結婚しない」と決めている人でも、周囲からの目が最も気になるのがこの年代の特徴です。

「結婚できない女」というレッテルを貼られて、つらい思いをすることもあるでしょう。

アラサーは、結婚の可能性が十分にあり、本人もしくは周囲の人が「結婚を期待せずにはいられない年齢」です

「子どもが欲しい」と願う場合、出産年齢を考えると焦りも生まれるため、未婚女性にとっては「一番しんどい数年間」になるでしょう

比較的穏やかな40代

アラフォーで婚活する人もいますが、「積極的な婚活はしない」または「結婚しない」と決めている人にとっては、このあたりで一旦肩の荷が下ります。

というのも、周りからの「結婚しないの?」がなくなるからです

他人が内心どう思っているかはさておき、少なくとも面と向かって「結婚はまだ?」と聞いてくる人はいなくなるので、過ごしやすくなるでしょう。

産休育休を取っていない分、出世しやすく、キャリアを積んでいる人も多いです。

基本的には自分一人が食べていければいいので、既婚者と比べると経済的余裕があり、惜しみなく自己投資できます

また、20代、30代で結婚していた友人が「離婚して独身に戻ってくる」のもこの時期が多いので、そういう友人とまた会う機会が増えると、より楽しく過ごせるようになります。

ただ、仲睦まじい家族を見て、夫も子どももいない自分の将来が急に不安になることもあります

やりがいのある仕事や夢中になれる趣味があればまだいいですが、没頭できることが何もない女性にとっては、思い悩む時間もあるでしょう。

第2の壁:50代後半~60代

50代になると、妊娠の可能性がなくなり、自分で産んだ子どもを持つことはできなくなります。

もう絶対に子どもを産めない」という事実は、出産経験のない女性にとって何も思わずにはいられません

覚悟していたことであっても、心に重くのしかかるでしょう。

また、早ければ50代前半、たいていは50代後半~60代にかけて、同世代の友人知人に「孫」が産まれます

この時期が『第2の壁』です。

自身の結婚や出産の重圧から解放されたところで、「目に入れても痛くない」という最強の存在である孫の登場は、精神的に不安定になるかもしれません。

周りから孫の写真を見せられ、自慢話を聞かされ、孫にせっせと貢ぐ様子を見ると、半端ない孤独感に襲われます。

もちろん表面上は一緒になって可愛がり、その気持ちに嘘はないのですが、それでも「自分の孫ではない」ことに寂しさを覚えるでしょう

アラサー以来の「つらさ」を味わうことになると思います。

60代後半以降

人によっては孫が次々と産まれ、多くの孫に囲まれる人も出てきます。その様子を目の当たりにして羨ましく思うこともあるでしょう。

ただ、老いによって自身の身体のあちこちが悪くなったり、痛みが出てきたりする時期でもあるので、「人を羨ましがる余裕もない」状態かもしれません

たとえ元気だったとしても、自分の健康のことで頭がいっぱいな年代です。

「頼れる身内が誰もいない」という状況を悲観することもあるでしょうが、それを見据えて貯めておいたお金もあるはずなので、

・ホームヘルパー
・ケアハウス
・老人ホーム

など、他者に頼って生活する選択肢はたくさんあります。

この年代までくると、熟年離婚、夫に先立たれて未亡人、子どもとの関係性が悪く孤独な生活…様々な事情を各人が抱えています。

だから、既婚未婚に関係なく、全員が「老後をどう生きるか」という問題にシフトしていのです

まとめ

女性が生涯未婚を貫いた場合に乗り越えなければならない「2つの壁」は、

・自分や周りが結婚を期待する時期
・近しい人に孫が産まれる時期

です。

この時期は、嫌な気持ちになったり、寂しくなったりすることが多いでしょう。

しかし、この2つの時期を乗り越えれば、既婚でも未婚でも行きつく先は同じです

未婚ならではの悩みがあるように、既婚だからこその悩みもあるので、未婚だけがつらい思いをするわけではありません

「結婚するか否かは自分の意思で決められること」なので、よく自問自答して、自分が進む道を決めてほしいと思います。

最後に

未婚女性
未婚女性

いろいろ考えたら、結婚したくなったな…

いろまる
いろまる

そんな人は、以下の記事を読んでみてくださいね

コメント