25歳で結婚は早い?結婚願望がある女性は25歳前後での結婚が最適

恋愛・結婚
スポンサーリンク
※本ページは、プロモーションが含まれる場合があります。
※本ページは、プロモーションが含まれる場合があります。
25歳女性
25歳女性

結婚はしたいけど、25歳で結婚って早いよね?

そんな女性に読んでもらいたいです。

「25歳で結婚」は早くない

晩婚化が進み、生涯未婚率も上がっている現代、彼氏もおらず、特別な事情もなければ「25歳で結婚しよう」とはなりにくいでしょう。

「ゆくゆくは結婚したい」と思っていても、25歳と言えば、

・仕事にやりがいを感じる
・自分の趣味に夢中
・友人と過ごす時間が楽しい

恋愛なしでも、プライベートは充実している頃です。

多くの独身女性が「彼氏が欲しい」と思うことはあっても、「早く結婚したい」とは思わないのではないでしょうか。

ただ、婚活市場で最も需要がある年齢は、25歳前後です

25歳で婚活すれば、30歳になった自分より確実にいい条件の男性と結婚することができます

たとえ、年齢以外のスペックは何も変わっていなかったとしても、です。

結婚は「25歳前後がベスト」な理由

よく「男は若い女が好き」と言いますが、結婚においては「若ければ若いほどいい」というわけではありません

若すぎると、女性の「結婚に対する本気度」に男性側が不安を感じてしまうからです。

その点、25歳前後の女性であれば、十分に結婚がリアルな年頃なので「結婚願望がある中で一番若い」と認識されます

それで、25歳前後の女性は婚活で一番人気があるのです。

この事実を知っていると、「25歳での結婚は早い」とは言えなくなります。

むしろ、「一番需要のある年齢のうちに結婚しよう」と考えるべきでしょう

「早く結婚する女性」とは

「いい女は早く結婚する」と言う人もいますが、「若いときに本気で結婚に向けて動いた女性が早く結婚する」が正しいです。

いろまる
いろまる

30・40代独身にも「いい女」はいますからね

若い女性が思っている以上に、その「若さ」には価値があります

★女性の若さは最強の武器

25歳は、「一人時間」も上手に過ごせる年齢でもあるため、そこに価値を持っている人は

25歳女性
25歳女性

結婚して自分の時間がなくなるのは嫌だな

と思うかもしれません。

でも、本当に自分の時間がなくなるのは「結婚してから」ではなく「出産してから」です。

24時間守らなければならない存在が産まれて初めて、自分の時間はないも同然になるのです。

結婚したくらいで「一人の時間」はなくなりません。多少減るかもしれませんが、ゼロになることはないです。

結婚における年齢の重要性

仮に、25歳で「一人時間」を優先したとして、十分に一人を満喫した後すぐに結婚できるとは思わないことです。

25歳で自分の気持ちを優先したばかりに、その後ずっと望まない「一人時間」を過ごすことになる可能性もあります。

他のことは努力やお金で変えられても、年齢を変えることはできません。

だからこそ、結婚したいなら「年齢」を最優先で考えるべきなのです

ちなみに、25歳でり好みし過ぎても結婚が遠ざかります。

25歳の自分が見向きもしなかった男性に「30歳の自分が相手にされない」なんてことは珍しくありません。

本気で「結婚したい」と動き始めてからすぐに結婚できるのは、25 歳前後だけです

結婚とは、それくらいシビアなことだと心得ましょう。

恋活でなく婚活をすること

25歳女性
25歳女性

でも、出会いもないし、どうすればいいの?

という人は、婚活をしましょう。結婚願望があるなら、間違っても「恋活」ではありません。

まだまだ恋愛を楽しみたい年齢でしょうが、恋活で出会った相手と30過ぎて破局してしまうようなことがあれば、悲惨です。

婚活は「好き」から始まる関係ではありませんが、心身共に結婚する準備ができている相手とは、結婚までスムーズに進みやすいのは確かです。

男性は女性よりも結婚に踏み切るまで時間がかかることが多いので、最初から結婚する気がある人と関係を作っていくほうが効率的なのです

だから、恋愛結婚にこだわりすぎて、婚期を逃してしまわないようにしましょう。

適切な婚活方法を選ぶ

婚活には色々な方法がありますが、「自分に合った方法」を選ぶのが最も大切です

流行りにまどわされず、自分が「これだ」と思う方法で婚活を進めましょう。

そして、もし自分が選んだ方法で何か月も成果が出ないなら、早めに婚活方法を見直したほうがいいです

婚活期間は、長ければ長いほど「結婚につながらないことへの不安・焦り・絶望」を感じるようになります。

普通の人が耐えられるのは、せいぜい2年間くらいでしょう。

いろまる
いろまる

合わない婚活によって「若さ」を無駄にするのも勿体ないです

私が様々な婚活サービスを試してきてわかったのは、「利用者の質と婚活費用は比例する」ということです。

女性は無料で利用できるサービスも多いですが、「結婚につながる出会い」がなければ意味がないので、婚活の目的を見失わないようにしましょう

★女性無料の婚活サービスは本当に得なのか

若さを活かして「婚活の勝者」に

私にとって、25歳は人生の転機でした。

★若さの重要性|見た目にコンプレックスがある女性からの学び

コンプレックスだらけの私が結婚できたのは、20代だったからに他なりません

自分の「若さ」を最大限に活かすために「結婚相談所」を選び、質の高いサポートを受けながら成婚まで駆け抜けました。

★ブスの苦悩|私が結婚相談所を選んだ理由

経験上、ハンディキャップを埋められるのは「若さ」だけなので、そうでない女性も決して「若さ」を軽視しないでほしいと思います。

ぜひ、需要が高い年齢のうちに、自分に合った婚活方法で結婚を目指しましょう。

いろまる
いろまる

皆さんの幸せを祈っています

コメント