【婚活体験談】初めてのカップル成立『汗疹さん』お見合いパーティー

婚活
スポンサーリンク
※本ページは、プロモーションが含まれる場合があります。
※本ページは、プロモーションが含まれる場合があります。

私が婚活時代に参加したエクシオのお見合いパーティーで出会ったお相手との話です。

事実に基づいていますが、個人が特定されないように多少フィクションを含みます。

≪お相手≫
汗疹あせもさん|30代前半|会社員

いろまる
いろまる

私が婚活で初めてカップル成立した人です

初めて出会った日

私が汗疹さんと出会ったのは、初めて参加したお見合いパーティーでした。当日の記憶がほとんどないくらい緊張していました

誰とどんな話をし、何を思って汗疹さんを選び、また選ばれたのかもわかりませんが、めでたくカップリングしました。

ただ、初めてのパーティーでカップル成立するなんて思ってもいなかったので、私はパーティー後に用事を入れてしまっていました

パーティーが終わってから、汗疹さんが

汗疹さん
汗疹さん

どこかでお茶でもどうですか?

と誘ってくれたのですが、後日改めてお会いするということで、その日はLINE交換だけしてお別れしました。

いろまる
いろまる

パーティー後は「念のため予定をあけておくべき」だと学びました

その日の夜に、汗疹さんから今日のお礼とおやすみの挨拶がLINEで送られてきました。

タイミングの重要性

会うための日程を調整しましたが、お互いの都合がなかなか合わず、結局会うのは1か月後になりました

約束までの1か月間、汗疹さんとLINEのやり取りはしていませんでした。

婚活中の身としては、「この期間を無駄にはできない」と思い、他にも色々な人とやり取りしたり、会ったりしていました。

私は短期集中で婚活をしていたので、1か月でたくさんの男性との出会いがありました。

だから、汗疹さんと会う約束の前日には、正直もう彼の顔が思い出せなくなっていました

いろまる
いろまる

こういうタイミングの合う合わないも、婚活では重要ですよね

喫茶店で待ち合わせ

約束の日は【14時に喫茶店で】ということになっていましたが、「初対面ではないのに顔がわからない」という状況での待ち合わせに、少しドキドキしました。

それでも店先で落ち合えば問題ないと思っていたら、「早く着いたので中に入っておきますね」とLINEがきて、望みは絶たれました

席の位置を聞こうかとも思ったのですが、イチかバチかで入店することにしました。そこまで人も多くなかったので、見つけられそうだと思ったのですが…

いろまる
いろまる

え、本当にこの中にいる?

店内を見渡しても見つけられませんでした。

とりあえず一人で座っている男性4名に焦点を当て、一人ずつ確認してみましたが、

・白髪の初老の男性
・メガネをかけて新聞を読んでいるスーツのオジさま
・同じくメガネの小柄な男性
・イケメン風の若者

いろまる
いろまる

え、本当にこの中にいる?(2回目)

誰一人ピンとくる人がおらず、とても焦りました

店員さんには「先に来ている人と待ち合わせです」と言ったため、お水を用意して私が座るのを待ってくれているのを背中で感じ、ますます焦りました。

再会した汗疹さん

初老の男性と他の3人がいる方向が真逆だったので、とりあえず消去法で初老の男性を外し、3人の方へ近づいて行きました。

すると、イケメン風の若者の元に女性がお手洗いから戻って来たので、候補が2人になりました。

いろまる
いろまる

残るはメガネ2人…!

と意気込んだところで、

汗疹さん
汗疹さん

あ、こっちです!

と手を挙げて教えてくれたので、「助かった」と思いつつ、

いろまる
いろまる

え?このメガネのちびっ子!?

失礼ながら、とてもびっくりしました。

どう考えても、この男性と会ったことがある気がしなかったのです

違和感しかない

気持ちを顔に出さないようにしながら、丁寧に挨拶をして席に座りましたが、座ってもまだ信じられなかったので、

いろまる
いろまる

最初にお会いしたときもメガネかけてましたっけ?

と聞いてみると、「はい、常にかけてます」と言われました。

さすがに「前と体つき変わりましたか?」とは聞けないので、

いろまる
いろまる

そうですか。なんか前はかけていなかったような気がしたので…すみません

とだけ言っておきました。

いくら顔を思い出せなかったとはいえ、一度は対面した人です。

再会すればすぐに記憶がよみがえると思っていたので、会って話していても違和感がぬぐい切れない状況に、少し居心地の悪さを感じてしまいました

いろまる
いろまる

メガネとか小柄な感じとか、普通は印象には残りそうだけどなぁ

「おかしいな」と思いながら座っていました。

会話中ずっとポリポリ

違和感はさておき、会話中ずっと気になって仕方がなかったことがあります。

それは、話している間ずーーーーーっと、ヒジを掻いていたことです

真夏に外の仕事で大量の汗をかき、全身に汗疹ができてしまったそうで、

汗疹さん
汗疹さん

今はだいぶ治まったんだけど…

と言いながらも、ずっと掻いていました。

汗疹ができるのは仕方がありませんが、一時も休まずに掻くので、どうしても目に入ってしまい、話の内容が全然頭に入ってきませんでした

目の前でずっとポリポリ掻くので、視界から外すことも難しく、しんどい時間が続きました。

会って1時間で解散

テーブルの下でコソッと時計をみると、まだ30分しか経っていなくて衝撃を受けました

いろまる
いろまる

感覚的には、もう1時間以上経っているものかと…

汗疹さんも同じ気持ちだったのか、私にケーキをすすめ、

汗疹さん
汗疹さん

ケーキ食べたら、出ようか

と言ってくれ、心から感謝しました。

いろまる
いろまる

切り上げるきっかけをありがとう…!

ケーキを注文し、食べ終わったタイミングで喫茶店を出ました。

入店してから1時間、「これはいったい何の時間だったんだろう」と思いました。

帰宅後、汗疹さんから「今日はありがとう!毎日暑いけど、お互い頑張ろう!」とLINEがきて、私も返信し、汗疹さんとはそれっきりでした

いろまる
いろまる

早く汗疹が治りますように…

まとめ

初めてカップル成立した相手とのデートは一回で終わりました。

話が続かないとか、噛み合わないとかではなく、「話が入ってこない」という状況は初体験でした

1か月待って会ったのに、1時間で終了という結果には、自分でも苦笑いするしかありません。

でも、その1か月を「待つためだけの時間」にはしていなかったので、そこまでダメージはありませんでした。

やはり婚活中は、色々な人とのやり取りを同時進行で進めていくのが効率的です

大変なこともありますが、短期集中が一番早く結婚できるでしょう。

\全国で毎日開催中/

ブログランキング・にほんブログ村へ≪≪ ランキング参加中

≪≪ 応援ポチお願いします

 

婚活
スポンサーリンク

コメント